1. ホーム>
  2. ドレッシングの話>
  3. ドレッシング類の範囲

ドレッシング類の範囲

ドレッシングとドレッシング類の違いを最初にご説明します。

まず、「ドレッシング」とは、食用植物油脂と食酢又はかんきつ類の果汁を主原材料(必須原材料)として、食塩、砂糖類、香辛料等を加えて調製し、水中油滴型に乳化した半固体状若しくは乳化液状の調味料又は分離液状の調味料であって、主としてサラダに使用するものです。

「ドレッシング」は、食品表示法に基づく「食品表示基準」(平成27年内閣府令第10号)で定義されており、大きく3つに分けられます。1つ目は、「半固体状ドレッシング」といって、固体でも液体でもない一定の粘度(とろみ)をもったものです。 この半固体状ドレッシングは、さらに「マヨネーズ」、「サラダクリーミードレッシング」、「その他の半固体状ドレッシング」の3種類に分けられます。サラダクリーミードレッシングやその他の半固体状ドレッシングは、見た目はマヨネーズに似ていますが、使用できる原材料や食用植物油脂の重量割合が異なります。 これらは、いわゆるカロリーカットしたものや特定の風味付けをしたもので、マヨネーズタイプ調味料とかマヨネーズ風調味料と呼ばれています。2つ目は「乳化液状ドレッシング」、3つ目は「分離液状ドレッシング」です。

このドレッシングに、「ドレッシングタイプ調味料」(食用植物油脂を使用していない、いわゆるノンオイルドレッシング)と加工油脂等を使用した「サラダ用調味料」の2つを含めて、「ドレッシング類」と称しています。

【ドレッシング類の範囲】

ドレッシング類の範囲

食品の表示については、食品表示法に基づく「食品表示基準」にそのルールが定められております。ドレッシング及びドレッシングタイプ調味料については、横断的なルールとは別個に、それぞれの定義と一括表示(名称、原材料名等)の表示の方法が定められております。また、栄養成分の表示方法も食品表示基準に定められております。(注:サラダ用調味料は、一般の加工食品の横断ルールによります。)

食品表示基準では、一括表示、栄養成分表示、アレルギー表示、機能性食品の表示方法等が定められていますが、商品名や商品のキャッチコピーなどの表示は、景品表示法によって規制されます。

全国マヨネーズ・ドレッシング類協会は、協会の会員以外の事業者とも協力し、法令で定められた必要表示事項(いわゆる一括表示等)と消費者が品質、内容等を誤認することなく合理的に選択できるようにするため、強調表示を行う場合の基準や不当な表示の禁止事項を盛り込んだ 「ドレッシング類の表示に関する公正競争規約及び施行規則」(注:本サイトに掲載されています。)を策定し、平成19年に公正取引委員会の認定を受けました。この規約・規則は、業界の自主規制ルールですが、ドレッシング類の表示に関するすべての関係法令を包含したものです。会員はこの規約・規則に即した商品である証として、 「公正」というマークを商品に表示することができます(注:「公正」マークの表示は会員の任意ですが、これを表示する場合は、規約に基づいて設立された全国ドレッシング類公正取引協議会に事前に届け出ることが必要です。)。いわば、この「公正」マークを表示した商品は、表示に関する法令をすべて満たしたものといえます。

なお、食品表示基準等の施行に伴うドレッシング類の表示に関する公正競争規約・施行規則の変更は、平成28年10月に公正取引委員会及び消費者庁の認定・承認を受け、同年11月から施行されました(注:食品表示基準に基づく表示への切り替えの経過措置期間は、平成32年3月末までですので、本規約も同様にそれまでの間は、従前の例によることができます。)。

ドレッシング類の定義

【ドレッシング類の表示に関する公正競争規約】

種類 定義
ドレッシング

1 食用植物油脂(香味油を除く。以下同じ。)及び食酢若しくはかんきつ類の果汁(以下「必須原材料」という。)に食塩、砂糖類、香辛料等を加えて調整し、 水中油滴型に乳化した半固体状若しくは乳化液状の調味料、又は分離液状の調味料であって、主としてサラダに使用するもの。

2 1にピクルスの細片等を加えたもの。

  半固体状ドレッシング

ドレッシングのうち、粘度が30パスカル・秒以上のものをいう。

    マヨネーズ

半固体ドレッシングのうち、卵黄又は全卵を使用し、かつ、必須原材料、卵黄、卵白、たんぱく加水分解物、食塩、砂糖類、蜂蜜、香辛料、調味料(アミノ酸等)、酸味料及び香辛料抽出物以外の原材料及び添加物を使用していないものであって、原材料及び添加物に占める食用植物油脂の重量の割合が65%以上のものをいう。

    サラダクリーミー
ドレッシング

半固体ドレッシングのうち、卵黄及びでん粉又は糊料を使用し、かつ、必須原材料、卵黄、卵白、でん粉(加工でん粉を含む。)、たんぱく加水分解物、食塩、砂糖類、蜂蜜、香辛料、乳化剤、糊料、調味料(アミノ酸等)、 酸味料、着色料及び香辛料抽出物以外の原材料及び添加物を使用していないものであって、原材料及び添加物に占める食用植物油脂の重量の割合が10%以上50%未満のものをいう。

    半固体状ドレッシング(注) マヨネーズ及びサラダクリーミードレッシング以外の半固体状ドレッシング。
  乳化液状ドレッシング ドレッシングのうち、乳化液状のものであって、粘度が30パスカル・秒未満のもの。
  分離液状ドレッシング ドレッシングのうち、分離液状のもの。
ドレッシング
タイプ調味料

1 食酢又はかんきつ類の果汁に食塩、砂糖類、香辛料等を加えて調製した液状又は半固体状の調味料であって、主としてサラダに使用するもの(食用油脂を原材料として使用していないものに限る。)

2 1にピクルスの細片等を加えたもの。

サラダ用調味料

1 食酢又はかんきつ類の果汁に食塩、砂糖類、香辛料、加工油脂等を調製した液状、半固体状又は粉状の調味料であって、主としてサラダに使用するもの。

2 1にピクルスの細片等を加えたもの。

(注)マヨネーズ及びサラダクリーミードレッシング以外の半固体状ドレッシングの名称は、
「半固体状ドレッシング」と表示する。