1. ホーム>
  2. ドレッシングの話>
  3. ドレッシング類と健康

ドレッシング類と健康

必須脂肪酸を含む植物油

植物性油脂、つまり植物油の中には、リノール酸、α-リノレン酸という体内では合成できない必須脂肪酸(高度不飽和脂肪酸=脂肪酸の中に二重結合が2個以上あるもの)を多量に含んでいます。 これらの高度 不飽和脂肪酸は、人間の健康維持のための栄養素として、欠くことのできない成分になっています。その点、ドレッシングに使用される油は、いわゆるサラダ油であり、必須脂肪酸を多く含んでいます。 一般に 食用植物油は、動物油脂に比べて、血清コレステロール値を下げる作用を持っているといわれます。これは、植物油の中の必須脂肪酸などによるとされていますが、ドレッシングもこの食用植物油を主体にして いるため、血清コレステロール値を低下させる働きがあるといわれています。(図-1、図-2参照)

図-1 食用油脂の血清コレステロールへの影響

図-2 マヨネーズ摂取前後の血清コレステロール変動値

疲労回復に役立醸造酢

体内に取り込まれた油は、小腸上部でリパーゼによって脂肪酸に分解されます。それから体内に吸収されますが、腸液が弱酸性のときがもっとも分解が進みやすく、サラダ油と醸造酢をいっしょに食べると醸造酢が腸内を弱酸性にするので、 脂肪の吸収を助けます。また、激しい運動や筋肉労働をしたり、神経を使うと体内に老廃物が蓄積されますが、クエン酸や酢酸はこの老廃物をとり除く手助けをして、疲労回復を早める働きもあります。いずれにしても気温が高くなると、 たいていの人がすっぱいものをほしがります。これは単に、酸味によるさわやかさを求めるだけだけでなく、疲労した体力を回復するために、体が 自然にそのような物質を要求するからです。

たっぷり食べたいサラダ

ドレッシングの原料であるサラダ油や醸造酢が、健康に役立つことは前述のとおりですが、ドレッシングはそのまま単品として食べられることはなく、サラダのソースとして、サラダといっしょに食べるのがふつうです。サラダのはじまりは、 狩猟民族だった古代ヨーロッパ人たちが、野や山の薬草をひきちぎって、薬として食べたことからだといわれています。それも、体が自然に求めるままに……。その後のサラ ダの歴史をみても、肉食のヨーロッパ人によって世界に広められています。

肉とサラダ(おもに生野菜の サラダ)の関係は?栄養学的にみると、肉は酸性、生野菜のサラダはアルカリ性です。酸性の肉料理を食べたあと、アルカリ性のサラダをとると、体によいといわれています。肉食の欧米人のサラダの食べ方は、 まず量の多さに驚かされます。もっとも、肉の量も多いのですが……。肉を食べるときには、野菜もできるだけ多く食べるようにしましょう。また、生野菜のサラダは、低カロリーで、ビタミンやミネラル を多く含んでいるので美容食として、大いにもりもりと食べたいものです。